パッチリな二重をキープし続ける【美容手術なら口コミをフル活用】

婦人

経験者談も忘れずに

鏡を見る人

色々とある治療方法

二重の手術方法である埋没法には、いろんな種類が存在します。瞼板法、拳筋法があり、どれも共通して言えるのは糸を使って瞼を留めて折り目をつける方法であることです。糸の留め方は、方法によって色々と異なってきます。まず、瞼板法は事前に指定した箇所に合わせて、軟骨部分に糸を結びつける方法です。比較的丈夫な軟骨に結びつけておくので、安定した二重を作り出しやすいです。それに、手術を受けてから時間が経過しても、二重の幅が狭まったり、一重に戻ってしまったりはしないので長期的にぱっちりの目をキープしたい人にうってつけです。それに、何と言っても手術後は腫れの症状が少ないので、再手術が必要になっても、スムーズに受けられます。拳筋法の場合は、希望箇所に合わせて拳筋に糸を結びつける方法です。拳筋法は、瞼板法より奥側に糸を結びつけるため、糸が取れにくいのが特徴です。しかも、糸の結び目が奥側にあるので、糸がまぶた裏から出てきてしまうリスクが少なめです。

リスクを理解してから

二重にするための治療でも、糸で結びつける箇所が異なると名称が違ってくるのは勿論ですが、振りかかるリスクも違ってきます。結びつける箇所によっては、糸が外れてしまう、眼球を傷つけてしまうトラブルに見舞われてしまうケースもあります。また、手術後のダウンタイムの時間帯にも差が生じてしまいます。二重手術を受けるなら、メリットだけでなくデメリットにも目を向けて、自身にピッタリだと思えるものを利用するのが望ましいです。

経験者談もしっかりチェック

二重手術で自身にぴったりなものを見つけたいなら、口コミをじっくりとチェックするのが望ましいです。口コミは、手術でかかる時間やダウンタイムの長さ、かかる料金に至るまでいろんな情報が満載です。また、口コミでは一度治療を受けたことがある経験者の感想も閲覧可能です。受けてみてよかったことから、失敗したことに至るまで幅広くチェックできるので利便性が高いです。自身にとってピッタリだと思える二重施術方法を見つけ出したい時でも、口コミの情報は有効です。

Copyright © 2017 パッチリな二重をキープし続ける【美容手術なら口コミをフル活用】 All Rights Reserved.